トイレの簡易的なカギは自分でも修理できるのか

toire_kagi家の中を掃除していたところ、トイレのカギが壊れていることに気が付きました。鍵が完全に掛からないわけではありませんので、それほど生活に支障がでるわけではありませんが、カギの回り方がかなり悪くなっており放置しておくとそのうち全く鍵が掛からないという状況に陥るリスクがあったことから、それを修理しようということになりました。その修理方法としては、普通ならば鍵屋さんなんかに頼んで業者任せで行うものだと思います。しかし、近頃流行のDIYだとか節約志向のために、そのカギを自分でも修理できるのではないだろうかと考えました。

自分でカギを修理できるのではないかと思ったのは、トイレのカギがとても簡易的なものだからです。玄関に使われているようなシリンダーの入ったカギや、南京錠などのガッシリとしたカギであればその構造が複雑であることから自分での修理など到底不可能だと思いますが、ことトイレであれば比較的簡単に修理ができるような印象があります。

それでは現実問題として、トレイのかに的なカギは自分でも修理できるのかというと、答えはYesだといえるでしょう。なぜそう言えるのか、それはトイレのカギは私が想像していたように特殊な作りにはなっていないことから、ちょっと取り外して交換するだけで簡単に修復することが可能だからです。ただ、交換ではなく従来のカギを修理しようとなると、その原因を突き詰めなければなりませんので少し手間がかかるとともに難易度が上がります。それでも普通のカギに比べれば修理にかかる手間は雲泥の差ですので、断然トイレのカギのほうが修理しやすいでしょう。

トイレのカギはなんだかんだで使え無くなるとかなり不便ですし、プライバシーもないような家になってしまいます。そんなトイレのカギの修復はかなり簡単ですから、何らかの異常を感じれば状態が悪化しない早い段階で自分で修理しておくのも一つの手ではないでしょうか。