部屋にカギを付けてもらえないので、私はこれで対処しています

room_key自分の部屋にカギを付けたいと考えている人ってたくさんいるんじゃないかな。だれだって中学生くらいになれば、親や兄弟に見られたくないもののひとつやふたつあるもの。

もちろん自分の親や兄弟が、わたしの部屋を物色するなんてことないのは分かってる。だけどお母さんは部屋を片付けないわたしに業を煮やして、勝手に掃除しはじめたりする。普段なら勝手なことができないから、そういうときはここぞとばかりにじろじろ見られている気がする。弟だって、なんだかんだいってわたしの部屋に勝手に入って、消しゴムやシャープの芯を持っていったりしている。そういうところが男の子ってほんとデリカシーがない。お父さんだけはわたしの部屋に近寄らないけれど、それだってわたしがすごい嫌がるからで、留守のときなんか正直分からない。まあ、あの人は小心者だから、入ったのがバレたら娘に口もきいてもらえなくなるって思って何もできないはずだけどね。

こう言うと、うちの家族ってプライバシーを尊重しない人間みたいだけど、実際はその逆なの。つまりわたしが留守のときにわたしの部屋に入ってなにかすることは、やっぱりイケないことだって思ってる。思ってるからしないのだけれど、わたしの部屋の様子を見たいって気持ちがあるのは間違いない。だからわたしが部屋にカギを付けてって言ったときも却下された。もし留守中に入った証拠をつかんだら、それを理由に絶対カギを付けさせるのに。

そんなわけで、わたしの当面の悩みは自分がいるときに部屋に家族が入ってくること。本人がいるならOKとばかりに、母親なんかは声も掛けずに入ってきてジロジロ見ていく。何か用?なんて聞くと「用が無ければ自分の娘の部屋に来ちゃいけないの?」だって。
アタマに来たわたしはついに実力行使に出た。100円ショップで買ったドアストッパーを使ったの。これですくなくとも「いきなり」入ってこられなくなって一安心ってわけね。